住宅を守る役割のある住宅設備で快適な暮らしを手に入れよう

メンテナンスの必要性

外壁塗装には、建物を守る役割があります。
その役割というのが、自然災害から建物を守るという役割です。
太陽の紫外線、酸性雨・・・などは、建物だけでなく、人の身体にも害を与えてしまうものです。
建物が太陽の紫外線や酸性雨を浴びてしまうと、住宅に使われた建材が劣化してしまいます。そういった劣化を防ぐとして外壁塗装工事が行われています。
しかし、外壁塗装に使用される塗料の効果は永遠に続くものではありません。
定期的にメンテナンスをすることで、塗料の効果を維持することができるのです。
そのメンテナンスというのが、塗料自体のメンテナンス、再塗装、シーリング剤の打替え、付属部品の再塗装と取り換えです。
塗料自体のメンテナンスの場合は、ヒビが入った塗料部分にUV加工をした上で塗料を塗っていくものです。
再塗装では、単色の場合に限り透明の塗装を用いて塗料を塗っていきます。
シーリング剤の打ち替えの場合は、既存のシーリングを撤去して打ち替えるもので、部族部品剤の再塗料と取り換えでは、サビや剥がれがある部分に再塗料をしていきます。

外壁塗装のメンテナンスは、外壁塗装工事をして5年以内に初期点検をした後は、台風や地震などの自然災害があった場合のみの点検となります。
塗料の種類によって異なりますが7年や10年、15年ごとに塗替えが必要になるため定期的に点検、打ち替えが必要です。
他種類によっては30年保つことができる塗料もあるため、外壁塗装工事をする際は、今後の生活を見通して塗料の種類を選ぶと良いでしょう。



Created by BlackTie.co - Attribution License 3.0 - 2013