住宅を守る役割のある住宅設備で快適な暮らしを手に入れよう

業者選びのポイント

外壁塗装を行なう業者によって、工事の内容や料金、仕上がりが異なります。
見積書も業者によって大きく異なるため、様々な業者の見積書や対応を比較して、満足のいくリフォームを行いましょう。
その外壁塗装を行なう業者を選ぶポイントが、見積書の確認です。
外壁塗装業者のほとんどは見積書の作成を無料で行なっています。見積書には使用した塗装の数と塗料の種類が記載されていますが、ここで注意したいのが塗料の種類です。
耐久年数によって塗料の金額が大きく異なり、数量分だけ料金が発生します。確認したら塗料がどういった種類でどのくらいの数量が使用されるのかを調べることが大切です。
また、保証内容も確認しておくことが大切です。
現在は保証書を書面で提示する業者が増えてきています。この保証書があるだけで外壁塗装工事後も生活が大きく変わるため、保証書の発行についても確認しておきましょう。

外壁塗装工事で最も確認しておきたいことがあります。それは、塗料者の国家資格の有無です。
国家資格が無いといって外壁塗装工事ができないということではありませんが、国家資格を持っていることで安心して外壁塗装を依頼することができます。
また、工事が下請けなのか自社が行なうのかということも確認しておく必要があります。
下請けの場合、直接相談をすることができないため、イメージを共有することができません。
そのため、イメージとは異なる仕上がりになることもあるため、相談をした業者が自社で行なう業者を見つけて依頼しましょう。



Created by BlackTie.co - Attribution License 3.0 - 2013